2009年07月12日

三陸の恵み

IMG_5061.jpg

今日は東北グルメネタです。
リアス式海岸で有名な東北の三陸海岸は、海の幸フェスタをよく開催してます。
牡蠣だとかフカヒレだとかいろいろと。
で、今回はウニ!!
宮城県女川町。その名もウニ祭りでした。
殻付きウニ、1300円って書いてるけど、実際は1000円。
家に持って帰るとこんなふ〜になっちゃいました。

IMG_0288.jpg

めっちゃ店で出てきそうな感じじゃないっすか???!!!!
これを自分家で作ったって考えると、なんかすげ〜なと。
でも、殻からウニ捌くのがかなりの重労働…
手のひらにザックザク刺さってました…
ごっそさんで〜す。
posted by syoddy at 00:47| 宮城 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 東北グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月16日

八甲田 おまけ

IMG_1926.JPG

去年も紹介したんだけど、僕らの八甲田グルメといえばココ。
青森県黒石市の妙光食堂。
ちと、エルグランドが邪魔ですんません…
八甲田から30〜40分もあればいけます。

色々メニューがあるなかでも、メインはこのつゆ焼きそば。

IMG_19311.jpg

もちろん麺は焼きそば。
濃厚なソーススープに絡み合うネギやら豚肉やら天カスやら…
それでいてあっさりしているこの不思議な郷土料理。
一回食べると忘れられなくなります。
青森に来た際は是非!!


食べログリンク
http://r.tabelog.com/aomori/A0202/A020203/2000585/
posted by syoddy at 21:47| 宮城 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 東北グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月22日

スタミナ屋

CA3A0035.jpg

写真は、こないだの福島サーフトリップで行ったとんかつ屋。
肉を何枚も重ねて揚げているみたいで、厚みが3cmぐらいあります。
あんまり多そうに見えないけど、実際はめっちゃボリュームど〜ん!
ご飯おかわりすると死にます…

しかもこの店はサーファーにめちゃめちゃ優しく、
BCMサーフパトロールの会員であることを見せると、ウーロン茶が出てきます。
さらにニコニコしていると、帰り際に缶コーヒーまでくれる始末!
まさにサーファーズパダライスなとんかつ屋なんです。

CA3A0020.jpg

カツ丼大盛り!
って頼むとこんなん出てくるんで、要注意!
やっぱ東北って場所は大盛りの聖地。
でもサーフ後にはこんぐらい食わないとね!
筋肉筋肉!


このボリュームのうえ、味は天下一品!
福島いわきに来た際は是非どおぞ。


やきかつ太郎
場所はコチラ
住宅街ん中にあって、ちょいと見っけづらいかも?!
posted by syoddy at 23:22| 宮城 | Comment(0) | TrackBack(0) | 東北グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月29日

伝統

IMG_0075.jpg

今日はラーメンブログ。
こないだ飯豊山の帰りに寄った「 かめや食堂 」の馬肉ラーメン。
かめや食堂は山形県長井市、今泉駅の近くにあります。
前から行きて〜!行きて〜!と思っててようやく実現。


僕はこーゆー、昔ながらの中華そばが好きだ。
古い作りの食堂で、割烹着姿のおばちゃん達が出す1杯の中華そば。
キラキラと輝く、あっさりスープの中にある深い旨み。
その一つ一つにある、その店だけのスタイル…



で、この馬肉ラーメン。
馬肉!ってだけで男心擽られちゃうっすよね?!
もう見た目はシンプル!
ど〜よ?!中華そばだぜ!って感じ。
デカイ態度な馬肉のチャーシューが4枚。
麺は程よくコシのあるもちもちした中太麺。めちゃウマ。
スープは醤油ベースのあっさり系。馬肉ダシも入ってるとか。
ふわ〜んと香ばしい香りが漂います。
時代に流されない、古き良き伝統の味。

ラーメンマニアじゃないので、あんまり偉そうな事は言えないんだけど、
僕ん中ではかなり100点に近いラーメン!
山形市から1時間。
周りはなんもないけど、これだけの為に行く価値あり!


まあでも、味の好みは人ぞれぞれだかんね…
賛否両論あると思うんで、文句言わないでね〜。

でも、まじウマイっす!!


かめや食堂
http://www.e-dcs.jp/kameya/
posted by syoddy at 23:25| 宮城 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 東北グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月16日

マグロと焼きそば

IMG_0259.jpg
パウダー食って、温泉入りゃあ〜、あとは飯!
八甲田を食い散らかした僕らは、弘前市へ向かった。
そして贅沢にも寿司屋へ!
ま〜正月だしね。いっつも氷点下の中でホルモンだからたまにはい〜でしょ。
そして何を隠そう、ここはあのキングオブマグロ「大間産」を
安価で楽しめるという噂のお店。
IMG_0260.jpg
弘前市 鮨覚

八甲田からあんまり近いわけでもありません。4、50分くらいかな。
おっぱっぴ〜な人も最近来たみたいです。
IMG_0261.jpg

で、当然のごとく大トロやら中トロなんかを頼んだわけなんだけど、
う〜む…赤い。
IMG_0262.jpg
フワっとした感じがない…
やっすいからしょ〜がね〜のかな。
回転だしね。
まあおっぱっぴ〜に騙された感がありながらも、寿司屋はやはり寿司屋。
妙なテンションが上がるね。


実は寿司より盛り上がったのが弘前の隣、黒石市の名物
「つゆ焼きそば」
IMG_0263.jpg
営業時間を過ぎていたにもかかわらず、とりあえず電話。
一部、東京から来ていることを告げると、
「んだら来ればい〜べさ〜」
との事。
嗚呼、なんて温かいんだ。津軽人。

なんてこた〜ない、ソース味のスープに焼きそばがブチ混まれてるっつー一品。
男らしさすら感じる。
ラ〜メンのようなうどんのような…でも焼きそば。
香ばし〜いソーススープは意外にもしつこくなく、太い麺やらネギやらが絡んでくる。
う〜ん…これは食べた人にしかわからない世界かも。
けっこ〜ハマる感じです。

わざわざ僕らの為だけに店を開けてくれた、
笑顔が素敵な主人に何度もお礼をして、僕らはまた八甲田に戻った。
いやぁ〜青森ってホントいいとこ!
雪は極上、人情深く、飯もウマい!おまけ波も立つ…
ど〜すか?皆さん移住とか?
posted by syoddy at 22:44| 宮城 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 東北グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月09日

いちば亭

ねぶたの続き…
青森市から弘前回って八戸へ。
前にもブログでネギトロイカ丼を紹介した所なんだけど、
八食センターという、八戸じゃ有名な市場で昼飯。



新鮮なネタの寿司握りセット
CA370023.jpg

こんだけ乗っかってて、なんと税込み1000円!



実は寿司って不得意ネタが多いんだけど、ネタが新鮮なんでしょう。
光物も含めて全部うまがった〜。
しいて挙げるならば、サーモン。鮭なんてもんじゃぁなかった。
お吸い物にはホタテの貝紐…
至れり尽くせり。
東北来てからけっこう海のもん食えるようになったんだよなぁ。
やっぱ本物が揃ってるんだろうね。


ウチの上司はウニど〜ん。
CA370024.jpg

これが甘い!ウニってこんなに甘いの?!っつーくらい甘い。
3280円。5分で完食してました…


勘違いしないでくださいね。仕事っすよ?仕事。





で、今夜、人生を大きく変えてしまうかもしれない旅の出発。
22時10分仙台発の夜行バスにて松本市へ向かいます。
松本の皆さんヨロシク。
仙台の皆さん、デカくなって帰ってきます。

つーわけでブログ更新は15、16日くらいかな〜?
少々お休みしますが、本ブログとエロスタをヨロシクです。

posted by syoddy at 18:26| 宮城 ☁| Comment(2) | 東北グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月24日

自然の恵み

IMG_1318.JPG

東北に移り住んできてから良く行くようになった産直。

ウチの近くにも新鮮な野菜を売っているところが沢山あります。

で、アスパラはこんなにデカかったっけ?!
posted by syoddy at 23:58| 宮城 ☀| Comment(0) | 東北グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月06日

わんこそば

DSC01163.jpg

盛岡名物 わんこそば

こんだけのお椀洗うの大変そう…

これは食事じゃぁないです。

サバイバルなアトラクションです。

手を休めてても、そばは容赦なく入れられます。

またやりて〜なぁ。
posted by syoddy at 21:58| 宮城 ☀| Comment(0) | 東北グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月27日

松島

IMG_0675.jpg

仙台に2年も住んでいながら、こないだようやく松島へ。
日本三景、松島。
宮城の観光地といえばここです。
穴子がど〜ん!の松島丼。今が旬だとかでふわっふわです。
島よりアナゴ…
posted by syoddy at 20:15| 宮城 🌁| Comment(0) | 東北グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月31日

鹿角ホルモン

ど〜も最近横乗りネタになっていない気がするが…
まあお許し下さい。


CA370007.jpg

僕が思うに東北の人はやたらとホルモン好きだ。
千葉に住んでたときはほとんど食わなかったのに。
食っても居酒屋のモツ煮程度。
半年に一回食べればいいくらい。

それがこっちにきてからというものの、ホルモンを食う事が多い。
独特な味付けと、豪快な肉厚ホルモン。
東北のいたるところに隠れ家のようなホルモン屋は存在するのです。

で先日、秋田県は鹿角(かづの)市。
鹿角のホルモンはウマい事で有名。
仕事ついでに行けないかと考えていたところ、タイミング良く隣町での仕事が入ったわけで。
昼から食っていいのか?!迷いつつもネットで調べていざ出陣。

鹿角スタイル?かなんなのかはわからないんだけどジンギスカン用の鍋で食します。
CA370002.jpg



CA12001.jpg



CA370004.jpg



CA370005.jpg

書いてる本人が胃液でいっぱいになってきました…
このアマ〜いタレにじっくり漬け込まれたホルモンはまさに1級品!
1つが3〜4cmくらいの大きさでデカくて肉厚。
食いごたえたっぷり。
そして脇役の豆腐にもタレが染み込み、そのままほっとくと焼き豆腐に変身。
これまたヤバいんです。

そしてこのジンギスカン鍋の溝に絡まってるタレの焦げ!
これが一番ヤバい!
CA370006.jpg

とまあ勝手に盛り上がってますが、噂通りの代物でした。
恐るべし鹿角。
こんだけ食えるうえに、ご飯、キムチ、韓国ノリ、味噌汁、とどめのコーヒーが付いて700円!
恐るべしみちのく。


ちなみにココのホルモンは取り寄せ可能です。
2人前で1000円。送料入れて2000円。
幸楽ホルモン

味については楽天ユーザーのレビューを見たほうが、僕の一方的な感情の文章より伝わるはず…
書いてたら食いたくなってきたので、頼も…




posted by syoddy at 01:28| 宮城 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 東北グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月25日

レペゼン青森

IMG_1209.jpg
一升瓶での販売が豪快すぎて、出張先の産直でおもわず買ってしまいました。
青森が世界に誇るアッポージュース100%。

ジャスコで売ってる透き通ったヤツは軟弱すぎる、
と言わんばかりにグダグダ沈殿しまくりの激濃厚。
飲んでると鼻血出ます。そんぐらい甘い。
これで1本500円!
だからど〜した的なネタだな…
posted by syoddy at 01:37| 宮城 | Comment(0) | TrackBack(0) | 東北グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月21日

国道7号

しつこくGWネタです。
まだあるんだな〜。これが。
不老ふ死温泉から鳥海へ戻る途中、国道7号線沿いで目に見えてくるものは、イカとタコ。
IMG_1187.jpg

青森県 鯵ヶ沢まで、この国道7号はイカ焼きの店が続く。
IMG_1186.jpg


日本海の恵みなんだろうね。この異様なイカ店の数は。
その場で網焼きにしてくれて、少々の塩で味付け。
マヨネーズか特製みそで頂きます。
こんだけのボリュームで300円也!
IMG_1188.jpg

程よい塩加減が、イカの甘みを引き出していて◎。
まさに口の中は日本海。
風呂後なんでこれまたウマイんだな。



調子良く車ん中をイカ臭くして更に南下。
もうひとつ7号沿いには秋田名物が。
IMG_1194.jpg

IMG_1191.jpg

その名もババヘラという名のアイスクリーム。
国道沿いでおばちゃんがヘラを使って盛るからババヘラ。
ネーミングがストレートで良い。
7号を車で走っていると、突然カラフルなビーチパラソルWITHおばちゃんが現れる。
IMG_1190.jpg

なんとも素朴な味が懐かしい。
かなり甘みを抑えたジェラートのようなシャーベットのような…
バナナのような味だが、そうでもないような…
不思議な食べ物です。
IMG_1193.jpg

これは通常の盛り方なんだけど、まれに「バラ盛り」(花のバラの形態に似せて盛る技能)を可能とするババヘラマスターが存在するらしい。
国道7号線を通った際は是非ご賞味を。


とまあ食い倒れながら鳥海に戻ったものの、滑れる日程は終了。
ようするに06-07シーズンの滑り収めは岩手山になったわけ。
あんなに楽しんでシーズンを終了できたのは、ホント恵まれてた。
来年はもっとバックカンントリーに行きたいのぉ。
雪は少なかったけど、なんだかんだでシーズンはおもろかったな。

そろそろ海で〜す…









posted by syoddy at 21:07| 宮城 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 東北グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月06日

皆さん突然ですが、熊を食した事ありますか?
先日の栗駒バックカントリーの続き。

風呂にも入り、グッタリとした男4人が向かったのは
栗原電鉄「栗駒駅」前の、とある定食屋。
ちなみにこの栗原電鉄は今月末で廃止が決まっているらしい。
これも時代の流れ。


店の名前はその名も「狩人」
karyuudo01_1_.jpg
ご主人はその名のごとく狩人であり、
自らが山に出向き、熊、鹿、山菜、きのこなどの山の恵みを
調達してくるという。
とても優しい表情のご主人からは想像も出来ないが、
全長2メートルをも超える月の輪熊を捕らえてくるとか。


で、肝心の料理だが、
天然まいたけのそばや、自然薯のトロロ定食などなど
非常に迷うレシピが多々あるながらも、
男4人はやはり、メインの熊を注文。
しかも4人とも熊そば。
ど〜も一番のメインを食えずに、後から後悔したくないらしい。
男の嵯峨。

待つ事15分。
ど〜ん!!
IMG_0914.jpg
見た目はごく普通のそばである。

で、肝心の肉はというと
IMG_0913.jpg
これまた普通。


しかし、一口放り込んでみると、
まさに山の恵みが口の中に広がる。
料理番組っぽいが…

肉はイメージとはうらはらに、全く癖が無く柔らかい。
牛肉に近い感じだが、独特の歯ごたえが合ってウマい。
それよりもスープに浮かぶギッタギタの熊油。
濃厚で甘みがあるのに、飲んだ後はさっぱり。
全くといっていいほど口の中に残らない。
常連客はポット持参でスープを持ち帰るほど。

そばもご主人自らが打つ自家製。
田舎そばなのにつるりとしていて、女性にウケそうな食感。

帰りの車内では
「あの油がヤベえ!」
「そばもヤベえ!」
の連呼。


町まで降りずに探索しながら帰ると、こーゆう発見もありますよ。
しっかしうまがったなぁ〜。また行こ。

posted by syoddy at 22:59| 宮城 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 東北グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月20日

牡蠣祭り

IMG_0386.jpg
昨日の宮城蔵王。
う〜む…白いものの、パワーがいまいち。
一回ドカっと降らないと無理す。
北海道が羨ましい!
このままいくと12月頭のオープンもどうなることやら?!

海も山も行けないので、宮城県東部のの気仙沼で行われた
「第21回リアス牡蠣祭り唐桑」へ。
牡蠣と言えば宮城か広島かっつーほど、ここ三陸は牡蠣の養殖が盛んである。
殻付きはそのまま網で「焼き牡蠣」
IMG_0388.jpg
剥いた物は鍋やうどん、牡蠣汁などに。
IMG_0392.jpg
忙しくなるスノーシーズンの前にグルメを堪能。
がっつり栄養蓄えときました!
今週末も滑るのは厳しそうだな・・・

posted by syoddy at 23:22| 宮城 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 東北グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月02日

芋煮

IMG_0303.jpg
東北の秋の風物詩の一つとして「芋煮」というものがある。
これは紅葉まっさかりの秋、川辺でデカい鍋に里芋をメインとした具材をブチ込み、
ぐつぐつ煮ながらわいわいやるというのが、昔からの伝統らしい。
ようするに川辺で行うバーベキューの鍋版。
初めて聞いたときは、川辺で芋?!普通は肉でわ?!
大体の人はそう思うだろう。
しかし、これがまあなんともウマい!
外で食うもんはほとんどうまいが・・・

これまた不思議な事に、秋になると街中のコンビニやスーパーには、
芋煮用のレンタル鍋まで出てくるから驚きである。
レンタル料金は無料。鍋だけではなく鉄板やシートまで無料で貸し出している。
なんとも不思議なシステムだ。

芋煮シーズンに入ると、仙台市近郊の川はごった返す。
どこもかしこも鍋を囲んでにぎやか。

そして地域によって入れる物や味付けが違うのも面白い。
宮城では、豚肉・里芋を主な材料とし、仙台味噌で味付けをする。
地域によって、稀にジャガイモや魚介類が入る場合もあるらしい。
山形では、牛肉、里芋、こんにゃく、ねぎを主な材料とし、醤油で味付けをする。
「山形風芋煮」と呼ばれている物は一般的に、この「牛肉入り醤油味」の芋煮。
個人的にはこの山形風が好きだ。ちぎりこんにゃくと牛肉が絡み合う醤油ベースが旨すぎる。
さらに山形県では毎年「日本一の芋煮会フェスティバル」というものまで開催されるほど。
6mの大鍋に里芋3t、牛肉1.2t、コンニャク3,500枚、ネギ3,500本、
味付けの醤油700リットル、隠し味に日本酒50升、砂糖200kg、
そして水6tを入れ、6tの薪で煮炊き。
鍋も大きすぎるので、大型クレーンを用いてせっせこ作るらしい。
こりゃあ来年は参加せねば!

先日は岩手県の、川でも何でもないところで決行。仙台風味噌ベースを満喫。
まあ別に必ずしも川でやんなきゃいけない事ぁないんだよね。
真っ赤な秋の紅葉の中でまったりと芋を食らう。
なんとも風情があり、まったりである。

秋、東北にお越しの際は是非スーパー等を覗いてみては?
新しい発見があるはず。

posted by syoddy at 20:09| 宮城 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | 東北グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。