2009年09月08日

iphoneと自転車

鳩山さんの温室効果ガス-25%って目標。
言ったからには確実にやってほしいもんですね。
それによって家庭の負担が増えるって言ってもしょうがないのでは??
それに別にお金をかけなくたって、僕ら一人一人がこの問題を考え、
一人一人がこの地球に立ってるんだってことを意識して変えていけば、
そんな負担も多少は減るんじゃないでしょうか?

少なくとも自然と密接にいる僕らは、この問題に先頭に立っていなければならない。

一人一人が出来ること。
ただ当たり前のことを行うだけで、問題は解決するのではないでしょうか。


IMG_5351.jpg


とまあそんなわけで、無理やりこじつけますが、
これから東京で活躍するであろうco2ゼロの自転車にiphoneを装着してみました。

東京での生活はほとんど自転車で移動することになるので、
未だ土地勘のない僕にこのiphoneのgoogle mapアプリはそ〜と〜必須のアイテムなんです。

これがね、もうほとんどカーナビなんすよ。
検索機能がもう少し正確だと完璧なんだけど、自分の位置、細い道、電話帳からのリンク、とどめのストリートビューと。
もうこんなもん使ってたら人間は、ホント死んでしまうんじゃないか??っつーくらい便利な代物。
以前、コイツを片手に東京を走ってみたところ、いちいち迷うたびに出すのが面倒臭かったんですよね。
じゃあ固定しちまおうってことで、LEDのアタッチメント部分を切断し、安価のケースに接着したらバッチリこんな感じに。
電池さえ切れなければ、ちゃんと帰れます。


どんとこい!東京!!
posted by syoddy at 22:49| 宮城 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 環境問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月08日

六ヶ所問題

IMG_0278.jpg

今、仕事で青森に来てます。
皆さんは六ヶ所という言葉を聞いたことがありますか?
青森県上北郡六ヶ所村。
下北半島の付け根に位置するこの場所に、他人事では済まされない大きな問題があります。

日本全国の原子力発電所で燃やされた使用済み核燃料を集め、その中から残ったウランとプルトニウムを取り出し、新たな燃料を作り出す六ヶ所再処理工場があります。
ただこれだけを聞くと、リサイクルするのだからいいことでは??
と思いますが、この過程には様々な問題があり、様々な人達が反対運動を起こして戦っています。

この使用済みの核燃料を再処理する際に微量に出る放射能。
それぞれ気体は高さ150mの排気塔から大気中に、液体は太平洋の沖合3km、水深44mにひかれた放水管から海中に流されます。
よ〜するに垂れ流しです。
この問題について運営する日本原燃は、薄まるから問題はないとしています。
それって本当に大丈夫なんでしょうか??
2009年7月の時点で再処理工場は試験運転を行なっている状態ですが、これが本格稼動になった場合、
通常の原子力発電所1基の年間排出量に匹敵する量を、六ヶ所再処理工場が1日で排出することも事実なんです。


そして聞き捨てならないのは、
「 人間は海水を飲まないから大丈夫 」
ということを日本原燃は言ってます。
僕らサーファーにとって、海の水は毎回必ず飲み込んでしまうもの。
この海に垂れ流された放射能は、六ヶ所から太平洋に流れて希釈する。としていますが、
当然のことながら本州三陸沖には親潮が流れています。
この親潮に乗って南下するため、六ヶ所から流れ出た放射能の溶けにくい部分は三陸から関東まで滞留するという説もあり、
東北のサーファーだけの問題ではないのです。

その他、莫大な建設費、稼動維持費。
再処理した燃料の行き場。
英・仏の再処理工場周辺では小児白血病が多発。
と、様々な問題があります。
悪い部分だけ見ると沢山の問題が上がってきますが、逆の問題もあり、
国として、温室効果ガスを出さずにエネルギーを作り出す原子力発電が必要であること。
もう作り上げてしまった工場設備。
工場の稼動を止めた際に起こりうる雇用の問題。

僕の勉強不足な部分もあるので、もっと深く複雑な事情があるんでしょうが、
ただ単に止めればいいじゃん?ってわけにもいかないみたいです。

でも、最終的にいったい何が一番大事なのか?
それを考えれば、おのずと答えは出てくると思うのですが。

ウィキペディアを見る限りでは、本格始動は2009年8月となっています。
少なからずとも自然と隣りあわせで生きている僕らは、この問題を向き合わなければいけない。
そう思います。

僕の文章では伝わりずらい部分が多々ありますんで、
Patagoniaのホームページなど見てみてください。
非常にわかりやすいです。

Patagonia
六ヶ所再処理工場 − いま、私たちが知るべきこと



六ヶ所村核燃料再処理事業反対運動


止めよう!六ヶ所再処理工場
posted by syoddy at 23:51| 宮城 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 環境問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月30日

大豆の力

CA370017.JPG
仕事で秋田に来てるんだけど、ようやく見つけましたソイワックス。
ちょこちょこ探してたんだけど、なかなか置いてる店がなかったんですよね。

こいつはその名のとおり、石油を使わずに大豆から作られた完全無害の画期的ワックス!
人体にはもちろん、様々な生態系、そして地球そのものに影響を及ぼさない。
通常のワックスと比べると50円ばっかし高いんだけど、
少しでも海を汚したくないというサーファーにすれば、屁でもないっすよね。
おまけにパッケージの紙は再生紙を使い、印刷にも大豆インクを使っているという徹底っぷり!
匂いはちょっと大豆?ちょっと変わった感じがします。


一つ疑問なのはラインナップにベースワックスがないこと。
トップにソイワックス使っても、ベースが今までのだったら駄目じゃん?!
って思うんだけど、製造の技術的なモンなんだろうね。
今後に期待。

Stickybumpsのワックスって、なんとなくサラっとしててあんまり使ってなかったんだけど、
こりゃあ使わないと!

海を愛し、自然を尊重する。
これがサーフィン上達、最大の秘訣。
尊敬すべき仙台ローカルの教えです。
posted by syoddy at 22:50| 宮城 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 環境問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月19日

イタチごっこ

IMG_0419900.jpg
先週から思い切ってウエットを3ミリにしました。
晴れてれば余裕ッス。
やっぱ3ミリのほうが動きやすくて、い〜感じです。
洗うのも楽だし。

しっかしなんですかね。波が良いのか、シーズンインなのか、
あらゆるポイントはごった返してて、なかなか乗れねっす。
こりゃ〜5時に入らないと駄目だな〜…
う〜ん夏近し。

んで、またまたクリーン活動に参加しました。
20袋くらいかな?
拾っても拾ってもキリがない感じ。
ホントやめましょ〜よ。ゴミ捨てるの。
なんでこーなっちゃうのか未だに不思議。

一般の人達なんだろうな。平気で捨ててくのは。
横乗りを愛し、自然を愛する我々は、率先してフィールドをクリーンに保つことを心がけましょ。
悲しきかなイタチごっこだけど、ゴミがなければ増殖はしないのです。
posted by syoddy at 20:47| 宮城 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 環境問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月22日

一日一善

0303.gif

クリックするだけで植林活動だったり、難病の子供達の募金になる。

そんなサイトが集まっている場所です。

http://www.dff.jp/

自然を愛し、困った人たちを放っておけないスノーボーダーならば、

クリっとしていい気分になっときましょう。
posted by syoddy at 22:56| 宮城 ☁| Comment(0) | 環境問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月03日

自然愛好者達

CA370010.jpg

今日、いつも入っているサーフポイントでビーチクリーンが行われたので参加しました。
恥ずかしながら、ビーチクリーンに参加したのは初めて。
今までは色々なポイントで海に入っていたり、いつ行っているかも良く分からなかったからで…すんません…


ローカルやらショップの関係者が50人くらい集まり、10時から一斉にゴミ拾いが始まります。
海沿いだけかと思いきや、4班に別れて防波堤や駐車場までとかなり広いエリアを掃除。
ここは比較的綺麗な場所だと思っていたんだけど、
ゴミ袋を片手に歩いていると、自分が思った以上に色々なものが落ちているわけです。
気にしないで歩いていると全く気づいていないんだな。


一番多かったのはやはりタバコ。
200本は拾ったな。
携帯灰皿だとか、喫煙マナーだとか騒いでいるが、悲しきかなこれが現実。
多分無くなる事はないんだろうな。ポイ捨ては。


とまあわずか30分のゴミ拾いであったが、終わってみるとゴミ袋(大)10袋強!
中にはテレビ拾ってきてた人もいた…
たかだが50人がわずか30分でこれだけ集めれるんだからたいしたもんだ。

最後にショップの方から挨拶があり、
「綺麗な海を守り、楽しくサーフィンしましょう!」
と拍手喝采で終了。
海が洗われるのと同時に、人間の心も清清しく洗われたのです。
う〜ん素晴らしい。今年はもっと積極的に参加しよう。



このように自然を尊重すると、海に入るときの心構えが変わる。
ここのローカルは毎回海から上がる時に、一つでもいいから必ずゴミを見つけて持って帰る。
我々も見習い、実行しているわけだが、
先輩方の話を聞くと、このような行動をするとサーフィンも上達するとの事。
自然を愛し、海を愛さなければ自分に返ってくるものはないのだという。


サーファーって一般的にはあまり良いイメージが無いような気がするが、
ホントに素晴らしい活動を行っていると思う。
理屈抜きでかっこいい。
スノーボーダーももっと自然を尊重する心を持ったほうが良いんじゃないかな?
場所によっては清掃活動を行っているところはあるけど、まだまだ少ない。
もっともっとショップやゲレンデ側が中心になって声をかけていけば、人は集まるはず。
そうすればもっとスノーボードも楽しくなるだろうし、みんなが笑顔で楽しめると思う。

山を人間が切り開いて、そこに人工物を置いて成り立っているゲレンデだから、
いまいち自然の中にいるという感覚がないんだろうな…しょうがない気もする。



山や海に人が入ると言うことは、必ず何かしら汚しているわけです。
それに自分が気づいていなくても。
気が付いたときに落ちている吸殻を拾ってみましょう。
見て見ぬフリをするのではなく。
コレだけできっと自然は人を受け入れてくれる。
そんな気がします。





posted by syoddy at 23:21| 宮城 ☁| Comment(0) | 環境問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月17日

レジ袋

遅れながらも、買い物かごを買いました。
IMG_1029.jpg
レジ袋いりませ〜ん。てやつ。
レジ袋有料化だなんだと言ってるものの、
世の中にまだまだそんなものは浸透していない。
この有料化っつーのも環境対策になっているのか不思議なところ。
一枚10円とかじゃなくて100円くらいにしてしまったほうが皆真剣になると思うのだが。
日本人は裕福だから10円なんて痛くもかゆくもないだろうし。
外国人からしてみれば、ビニール袋をタダでばらまきまくっているこの国は、おかしいと言う。まだ日本はこんな当たり前の事も出来ていないのかと。

先日ミリオネアの問題にあったが、ビニール袋一枚を作るのに必要な原油の量は、おちょこ1杯だとか。
コレは普通に考えても多い。


一人一人の意識が変われば環境問題もこの国も良くなっていくんじゃないかな。
今、出来ることから始めてみませんか?
posted by syoddy at 22:22| 宮城 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 環境問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。