2007年12月31日

大晦日

IMG_2840.jpg
2007年も終わりっすね〜。
あと3時間。
今年はこの記事で最後となります。
シーズンインして蓋を開けてみりゃあ、去年以上の雪不足。
どうなってんすかね?!この星は。
明らかにぶっ壊れ始めてるとしか思えない。
まあこの正月の大雪に期待しましょう〜。
そのうち、もういーよ。っつーくらいやってくれるはず。

皆さんは今頃、雪山でしょうか?
素晴らしい仲間達と年越しを過ごすのも良し。
田舎でのんびりするのも良し。
はたまた愛する人と二人でっつーのも良し。
今夜は残すことなく今年の悪いもんを吐き出して、
素晴らしいシーズン2008を迎えましょう!

時にはグダグダと長い放浪記だったり、自己満的な文章だったりしたわけですが、
アクセスして読んでくれた方々、全ての人に感謝です。
来年はもっと濃く、もっとファンキーなネタを提供出来れば幸いです。
ではでは良いお年を。
そして雪山を愛する全ての人達に素晴らしいシーズンを!
Have a Nice Trip !!!!
See You Next Year !!!!
posted by syoddy at 20:54| 宮城 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月27日

人工物

4455.jpg
先週、キッカーデビューしたわけなんですが、
なんすかね、この恐怖感…
全く地に足が着いてる感じがないんすよねぇ。
スピンなんてめっちゃ力んでて、回すぜぇ〜!!ってなってるし。
やっぱオフはサーフィンよかスケートやってたほうがいーんだろーなー。
何故みんな軽やかに動けるか不思議っす。

キッカー自体は流石のすみかわ。
5メートルくらいのサイズながら軽くアップしたキックのおかげで浮遊感があります。
非常に楽しい感じの出来映え。
シーズン始めにはこんくらいが調度いいっすね。
皆さんはもうガンガン飛んでます?
posted by syoddy at 00:40| 宮城 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | スノーボード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月26日

X-TRAIL 2007

8956.jpg
今日TV放送っすね!
さっき思い出しました。やっべ〜!今日だ!って。
今年はネット上に書かれる情報を見ないように気をつけてたんで、
全く結果を知りません。
う〜ん楽しみッス。

0時44分スタート。
あと15分!
posted by syoddy at 00:29| 宮城 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | スノーボード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月23日

湯殿山

IMG_2875.jpg
一言で言うならば
BIG MOUNTAIN!!!!!!

2週間前に月山から見えた湯殿山の東斜面。
予告どおり行ってきました。
これが予想以上のデカさでびっくり!
月山から見ていた感じとは大違いだったスケールに圧巻…
IMG_2842.jpg
尾根伝いに歩けば、好きなところからドロップ出来るのでバリエーションも豊か。

でもアクセスがエラく険しく、ラッセルもスネ〜ヒザ。
延々と5時間ラッセル…
頭から火ぃ吹いてました。
時間的なものと、体力的な問題で今回は奥のほうまでは行かずに手前を滑る事に。
IMG_2853.jpg
う〜ん…デカい。
惚れ惚れするロケーションだな〜。
でも意外にも雪は締まっていて、お世辞にもパウダーとは言えない雪質。春雪みたいな感じかな。
ラッセルしてたとこは柔らかかったのに…
でも前回と違って視界は良かったから気持ち良く滑れたのが良かったかな。
あり得ない事に激重のガスが終始かかってたのに、滑る直前にこの晴れ模様。
岩手山ん時みたい。
たまにはい〜事あるもんすね。



あと今回はおっかない斜面だったのでピットチェックを行いました。
IMG_2835.jpg
雪崩の危険性がないかを調べるチェックです。
雪の層の中に、結合力の弱い弱層がないかを調べます。
この日は50cm下に弱層を発見したものの、比較的安定した感じだったので問題ないと判断。
あくまでも目安だから、絶対雪崩ないという保障はないんだけどね。


そして帰りは沢の一部が埋まってなくて、崩れそうな雪に板を架け橋にして渡ったり、
IMG_2877.jpg
朝6時に出て夕方4時までのハードな山だったけど、終始笑える1日。
やっぱ笑いがないとね。スノーボードは。
写真じゃなかなか伝わらないけど、ホントこの架け橋はホントおっかなかった…
岩の上に積もってる雪なんだけど、着地ポイントのほうが高くて雪もやっこいもんだから飛ぶにも飛べず、最終的にこんな作戦になったわけで。
沢に落ちたら当然上がってこれないんすよね…
1歩1歩踏む事に雪がギシギシ鳴って、いつ崩れてもおかしくないんす。
未だかつてこんなに神経を研ぎ澄ませた事があろうか?!っつーくらい空気がピーンとしてました…
無事渡りきった2人は当然笑顔のハイタッチ。
可愛いもんです。30代。


締めは山形市の隣、寒河江の老舗「ふくや」へ
IMG_2886.jpg
シンプルな中華そばなんだけど、魚介ベースの醤油スープに中太ちぢれ麺。
あっさりなのに香ばしい香りのスープは実に深い!
ほんと久しぶりにウマいラーメンに出会った感じです。
月山方面にお越しの際は是非オススメっす。


とまあラーメンネタで締めてしまいましたが、
湯殿山デカい!
雪も深い!
でも歩くのキツい!
そんな山でした。




posted by syoddy at 22:20| 宮城 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | バックカントリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月21日

昭和

201233.jpg
今日はクリスマスネタ。
スノーボード始まるとすっかり忘れてます。

LED世代の子供達に伝わるのでしょうか?
この超アナログな昭和的ツリー。
豆電すよ。豆電。
でっけぇ鈴もいっぱい。
これだけ街中や住宅地がLEDで埋めつくされていると、
逆に古き良きスタイルは新鮮味がありますね。

スノーボードでも同じ事が言えるような気がします。
と無理矢理こじつけてみる…


青森県 おいらせ町
posted by syoddy at 21:19| 宮城 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月20日

バートン達

IMG_0229.jpg
先週、ようやくこのヴィンテージに乗ったのでちょろっとレポを。
はたして20年という時の流れは滑りに影響するのか?!

まずこの板は重い。
ありないくらい重い。
普通の板の1.5倍くらいあるんじゃないか。っつーくらいの重量。
とてもじゃないがバックカントリーに持って上がる代物じゃあない。
しかしながらこの重さは恐ろしいほどの安定性があり、
ちょっとやそっとのギャップは簡単に突き進む。
何本もラインの入っているパウダーでも、ラインを感じさせない。
でもやっぱ重い。
リフト乗ってる時とか足首抜けそう…

そしてパウダーランだが、一言で言うと、
「 抜けない板 」

フィッシュはターンの中盤からテールが抜け始めて、爽快にスプレーを上げられるのに対し、
この板はドコまで踏んでもテールが残る。
このド直角のテールがそうしているのかもしれない。
うりゃ!っと超気合いで踏めば抜けるが、爽快ではない。
ようするに、中速で軽やかにパウダーを撒き散らす板ではなく、
デカい斜面を高速でロングターンする。
そんな板である。
多分…
逆にフィッシュは高速ロングターンには向いてないんだよね。
回転性が良すぎて。

あと、そーいや恐ろしいくらいソールが走った。
近代スノーボードを鮮やかに抜き去り、ダントツだった。
ワックスを塗りこんだわけでもないのに…


つーわけでなんだか不思議な感じのこの板、けっこうオモロイです。
試乗希望の方はいつでもど〜ぞ〜。
posted by syoddy at 00:18| 宮城 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | アイテム達 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月18日

ナチュラルパーク

GW-00001.jpg
シーズン始まったばかりなのに、体がガッタガタです…
昨日、一昨日と飛びまくったツケが今日に全て…
一発引っかかって、5メートル落ちるとこを背中からどっか〜ん。
頭からも刺さり…
でも最高笑えた。
メンツが良かったっつーのもあるな〜。

すみかわの第3、あとみゲレンデっつーのは距離にして500〜600m。
斜度が適度にあるとこなんて200mくらい。
口コミサイトなんかを見ると、けっこう酷い書き方されてます。
おまけに左っ側の圧雪してないコース(2番んとこね)に行くには、
リフト降りて板外して 〜 3分ほど歩き 〜 板履いて滑り、
また板外して2分歩いて 〜 板履いて 〜 リフト乗り口。
っつ〜絶対女の子達が嫌がる、すんげ〜めんどいとこなんです。

でも僕らはひたすらコレにハマります。
1日中降ってれば、クオリティの高いパークそっちのけでココをグルグル回ってます。

なぜならまずコース規制が一切ないということ。
そして崖や岩が多く、地形が豊富。
ヤブが埋まってくると無数の沢が開通して何パターンものルートが増える。
ルートが増えると、また落ち系ポイントも増える。

こんな風に八幡平みたいに遊べる所なのに、ローカルですらあまりこないんですよね。
ウチらだけホントバカみたいに回ってる。
パークはどこにでもあるけど、こんな風に滑れる所ってなかなかないと思うんだけどな〜。


実は今年のスプリングシーズン、土日しか営業しないみたいなんすよね。
こりゃあマズいっすよ。マジで。
ローカルの皆さん、コンビニのパンじゃなくて、
たまにはゲレ食食ったりしてお金落としません?
シーパス安いんだしさ。
じゃないと近いうち無くなっちゃうっすよ。すみかわ。
近県の皆さん、すみかわおもろいっすよ!

なんか宣伝みたいになってきたけど…
ゲレンデにはない遊び方出来る場所がココにはあります。
posted by syoddy at 00:54| 宮城 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | スノーボード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月15日

澄川

IMG_02245.jpg
hideさんからウエアが届きました〜♪
今年はトラビスパーカー、エアブラスター!
ジャケットは宇宙船だし、パンツは細くてラッパッパーです。
ホールデンのシルエットとはちと違うんすよね〜。
あれ?去年と色同じじゃね?!と思われる方、気のせいですよ。

あんまり雪が期待できなかった澄川だけど、
そこそこパウダーで、地形がモロに出てるからオモロいオモロい。
気がつけば男8人で落ち系どっかどか。
おまけに切り株のマッシュでバックフリップ大会。
いや〜お決まりだけど、なんて笑えるルーティーン。
解釈不能かもしれませんが、バックフリップが始まると、
「ああ〜シーズン始まったなぁ〜」
って感じがします。

澄川ローカラー、今年も一つヨロシクです。
posted by syoddy at 23:07| 宮城 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | スノーボード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月11日

寝床

IMG_2804.JPG
ここんとこずっとジグソー片手に、ねじりはちまきでした。
トリップ用の車内ベッドが完成。
コンパネとイレクターで作成。
180cmのフルフラットスペースはもちろん、
下段に荷物が散乱してても快適な安眠を約束。
マット敷いて寝袋に入りゃ〜無敵です。
寝ようと思えば下2人も可能。酸欠覚悟で4人。
翌朝のおっさん臭は覚悟。

いやぁ〜けっこう大変だったッス。
ちゃんと測ったのに寸法合わなかったり。
1ミリ削って合わなくて、2ミリ削って削りすぎ…とか。
何はともあれ正月トリップは無敵ダー。
posted by syoddy at 23:00| 宮城 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月10日

月山

IMG_2767.jpg
今週はすみかわの積雪が乏しかったので、
海かな〜なんて思ってたんだけど、波も皆無…
じゃあ偵察ってことで月山に行こう!っつーことに。

月山スキー場ってのはもともと山スキーのメッカ。
オープンが4月で、冬はやってないんです。
でも実は冬も裏山をこよなく愛する人達の場所でもあり、
ちょこちょこ人が入山しています。
広大な1枚バーンと深い雪がある代わりに、気象条件は厳しい。
おまけにスキー場までの道が除雪してないので、
下の、志津って街から歩いていかないといけない。
そんな場所なんです。
今年はこの辺のバックカントリーを少し開拓したいんですよね。
月山、湯殿山、朝日連邦あたり。山形エリア。


朝7時。志津に到着。
IMG_2762.jpg
ポカポカ陽気の仙台からは想像できない銀世界が目の前に。
雲は多いもののチラチラと月山が姿を現す。
駐車場で準備をしてると同業の方もチラホラ。
IMG_27665.jpg

他に先行者にスキーヤーが1名いて、トレースがあったので
初めての山だったけど全く道に迷う事はなかった。
でも遠い…
志津からスキー場までほとんど休憩なしで2時間半…
561542.jpg
幸い、ラッセルは足首。
スキー場までは視界があるものの、上空はご機嫌斜め。
風がないだけまし。

IMG_2784.jpg
月山のお隣 湯殿山の東斜面。
ど〜すか?この白いつるっつる。
次回はここだな〜。


見えないけど登ってりゃ晴れるだろうと信じて
リフト脇を登っていくものの、視界はどんどん悪化。
IMG_2786.jpg
リフト終点に着いたものの、ご覧の通り。
完全にホワイトアウト。
斜面が全く見えない。
とりあえず20分ほど天気待ちしてみたけど更に悪化!
どうしようもないのでピークを断念し、
一瞬視界が抜けた時をついて、撤退…
もちろん滑走写真なんて撮れず。
まあこんな時もあるッス。
ホワイトアウトん中って目隠しして滑ってるみたいだった。

でもデカい斜面の脇に壁あり沢あり。
なかなか滑り応えのある山だっつーのがわかった。
また来るよ。月山。
来週こそはリフトでパウダー流して〜な〜。
posted by syoddy at 00:52| 宮城 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | バックカントリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月07日

津軽2

CA37000223.jpg
仕事が早く終わったので、またまた意味もなく八甲田を抜けて帰ることに。
はっきり言って無駄です。
普通にみちのく有料道路ってのに乗れば2時間で八戸に帰れるのに、
八甲田経由だと3時間弱かかります。
なんとなく。雪に誘惑されて。
うまいこといけば八甲田のバックカントリーエリアを見れるかな〜と思ったんだけど、全く…
雪は止んでたんだけど山頂付近は全開ガス。

そしてこの不思議なテンションのせいなのか、
青森市内でスノーシューの延長テールを購入。
せっかくなので山の中で車止めて沈み具合を…
CA37000623.jpg
不審者極まりないッスね…

コイツはスノーシューに後付出来るパーツで、
積雪が多く、沈みまくるときに浮力をプラスしてくれる代物。
IMG_0215.jpg
これで今年の大雪対策も万全っす。
posted by syoddy at 22:17| 宮城 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月06日

津軽

P1010010[1].jpg
いま仕事で青森に来てます。
さすが、青森。ドッカドカ降ってます。
十和田から青森市内に抜けるのに八甲田越えたんだけど、
予想以上の吹雪っぷりで車を何度か停車。
嬉しいやらおっかないやら、しばしホワイトアウトに見入ってました。
板持ってくりゃ良かった〜…
おまけに青森市内のいたるところに、
除雪で出来たストリートクォーターが出来てます。
この辺の人達は雪を軽トラに積んで海に捨てに行くらしいですね。
そんだけの量が街中を襲うわけ。


で、今週はすみかわオープン!
なんだけど積雪10cm…
土見えてるっすね。
来週に期待かな?!

posted by syoddy at 21:46| 宮城 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月02日

夏気分

071202_0645~0001.jpg
まだ海入ってます。
一般的に考えたら12月に海なんて入らないっすよね。
そう考えると、朝一の第一歩がもの凄い違和感です。

最近思うんだけど、サーフィンのロングランって
スノーボードでノートラックのパウダー滑ってるのと同じ感覚なんすよね。
誰もいない斜面に自分だけのマニューバーを描く。
おもわず声を出してしまいそうな。

でも水はけっこう冷たくなってきました。
ドルフィンすると、かき氷食った時のように頭がキンキンです。
こんなに寒いのに50人はいたなぁ。
さすがサーファーの街、仙台。

来週はすみかわがオープンするから、もう海は終わりかも?!
平日朝起きれたら行きたいんだけど、布団が愛しくて起きれねぇ〜っす…
posted by syoddy at 23:06| 宮城 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | サーフのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。