2007年02月28日

滑走日数

今年はなぜか滑走日数を数えてます。
特に意味はありません。
ただ1シーズンでどれくらい滑ってんのかなぁ〜?
と思っただけで。

普通は週に2日、フルで滑って5ヶ月。
1ヶ月で多くみて10日。
×5ヶ月だから50日。
今週はいーや。ってなっっちゃったりすると差し引かれて
30〜40日の間くらいがスノーボード好きの平均か?

今日で46日目をカウント。
このままいくと80〜90?!
多くないか?!サラリーマンなのに!
そりゃあブーツも死ぬわけだ…

実際数え始めてみるとおもろいですよ。
おお〜30日ぃ〜。てな感じで。
なんの目安にもならないし、上手くなる保障があるわけでもない。
ただの自己満足っすよ。

posted by syoddy at 23:16| 宮城 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月26日

Enjoy The Ride !!

行ってきました!スロープ!
場所は赤倉温泉という山形県のゲレンデ。
SHREDDER古川店、 NOON、 THE NORTH STAR が主催の
「BAYKILT VOL,2」っつードラクエの呪文的な大会。
マターリやろうよ感たっぷりのスロープJAM。

天気はどっかん快晴!
寒気が入ってるのに熱い熱い!
やっぱ大会はこーじゃないとね。

9時から受付なのに勢い余って7時半到着。
大会スタートは10時なのにグダグダの11時から〜♪
ホントやんわりな大会っス。
コースは
ジブ2発の後、中キッカー、とどめの返しバンクボックス。
IMG_0814.jpg
これまたヤワ〜い感じ。

ゲレンデ自体もヤワ〜いので、大会事務局脇で女性陣は火を起こして鍋を煮てます。
今回なにげにコレがメインだったりして…
IMG_0816.jpgIMG_0817.jpg
秋田のローカルホルモン鍋と、ホルモンししゃも。
この後ジンギスカンに牛タンも投入。
午後はどう考えても臭すぎです。
ウチらいつもこうなんデス…

で肝心の大会はというと、2時間以上ぶっ続けのJAMセッション。
X-TRAILより全然なげ〜し!過去最大に疲れた…
予選はおろか決勝もなく、JAMん中で色々な賞を決めるっつールール。

というわけで、
流しっぱなしの為、大会中の写真がまったく撮れず!
ご勘弁を…
快晴の中、うっすらシャバったパークでグリグリ飛んだり
ゴスゴス擦ったりと言えばイメージ出来ますでしょうか…?
みんな気負いもせず、楽し〜い感じのセッション。
コケても次次〜!みたいな。
だから思い切って色々な技出せるし、練習みたいなノリで楽しめた。

JAMが終了するとオーリー大会に移行。
IMG_0826.jpgIMG_0825.jpg
だんだん上がっていくバーをどこまで超えられるか!?
単純なんだけどコレがすっげー盛り上がり!
行けるか?行けるか?お〜ぅ…
モモくらいまでの高さになってくるとドキドキっス。

とまあ一日中滑りっぱなしの大会。
で、結果はというと…
























































総合優勝!!!!

やっちゃいました〜!
スノーボード12年目の快挙っス!
IMG_0832.jpgIMG_0834.jpg
賞品は来シーズンのシーパス、ウエア上下、おまけのDVD付き。
母ちゃんやったど〜。
B5とB1が調子良かったな。
キャブはマクられまくり…出直してきます…



ウチの彼女もしっかり優勝。
コイツぁ本物だ…
IMG_0836.jpg
子作りしてきなさい賞っつー事で、
温泉宿泊券までかっさらってきました。


一日中、滑りっぱなし笑いっぱなし腹膨れっぱなし。
やっぱり楽しんで滑ってれば、おのずと結果は付いてくるという事っすね!




posted by syoddy at 23:14| 宮城 ☀| Comment(2) | TrackBack(1) | 大会関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月24日

愛すべき場所

今週はすっげえ硬いです…
おととい雨が降ってしまったせいで、パークは氷が青く光っております。
これではバックカントリーに行く気にもなりませぬ…
ゴールデンウィークまで雪は持ちそうになく、営業も危うい感じ。
でも今日も晴れマークだったのに1日中降ってたし、
蔵王の底力に期待!
そんな宮城蔵王すみかわスノーパークをまたまた少し紹介。

ここの一番上のリフトコースは、ごく一部しか圧雪をかけないので、
降った次の日は、山の隅から隅までパウダーを食い尽くせる。
そしてなんといっても落ちるポイント多数!
IMGP0475.JPG
ココはけっこう着地がフラット
膝持っていかれます。

IMGP0461.jpg
ココも列記としたコース内。
ゲレンデガイドにしっかりコースとして載ってます。

IMGP0484.jpg
ココは結構落ちてたなぁ。
6〜7メートル。

そしてなんといってもゲレンデ側の対応が素敵。
普通のゲレンデなら
「コース外は危険を伴うので滑走禁止です!」
っつーのがあたりまえなんだけど、
「規制はしておりませんが、お客様自身の責任で滑走下さい」
ってアナウンスまでしちゃってる。
よーするに自己責任で滑ればどこ入ってもいーよ。
ってわけ。
こんなオープンなところも、ココの魅力の一つ。
色々なゲレンデがこうやってオープンになれば、楽しさは増えるはず。
コース外滑走って厳しいところはホント厳しい。
ゲレンデ内滑ってて事故っても、リゾート側が補償してくれるって事もないから
同じ事だと思うんだけどなぁ。


とまあ小さいゲレンデながらも、濃〜い物が詰まっている
素敵なところなのです。
写真がちと荒くてすんません。

やっぱりこーゆうナチュラルの斜面はボッコボコでもおもろい。
次から次へと迫りくる物に対処しながら滑り倒す。
自分が描いたラインで抜けきった時は最高。
滑り自体も上手くなるしね。
綺麗な圧雪バーンも気持ちいーけど、
ナチュラルバーンのほうが20倍は楽しい。


明日はスロープの大会に行ってきまっす。
久しぶりの大会だからちと緊張気味…
でっかく飛ぶどぉ〜。
posted by syoddy at 22:24| 宮城 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | スノーボード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月23日

BIKECAR

2月なのに雪崩注意報が出てる…
2月なのに…
もうパウダーはねーかなぁ〜。


今さらですが、BIKECARのDVD。
ディガー君に借りてきた。
IMG_0810.jpg
トラビス・パーカー、ルイ・ファウンテン、スコッティの3人が、
アメリカ北西部を4人乗りの屋根付き自転車で
スノーボードトリップするというドキュメント物。

スノーボードシーンが出てくるのは全体の3割くらいかな。
それ以外はひたすら3人がチャリンコを漕いでいる。
もうコレだけで意味不明。
スノーボードムービーとして見る物ではないかも。


が〜しかし!
この作品を手がけているのは
元Robot Foodクルーのジョーイ・ファウンテン。
見せ方は流石の一言。
このビデオを見終わった後、なぜかやさしい気持ちになった。
もの凄くスローな時間の中に楽しさが詰まっている。
こんな風に生きてみたい。
こんな風にスノーボードを楽しんでみたい。
そんな気持ちにさせてくれる1本。
眉間にシワを寄せて滑ってる人にオススメ。




posted by syoddy at 22:01| 宮城 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月19日

ゴアデニム

昨日ショップで08カタログ見てきました。
特別バートンが凄く好きってわけじゃないけど、
バートンは必ず見ますね。
やっぱり時代の流れを掴んでいるようなイメージがあるし
面白い物を毎年出してる。
アンディ・ウォーホルのコラボなんかもあって流石!

本格的なデニム素材を使ったウエアがあったんだけど、
ゴア使ってるから防水性は◎。
バックカントリーも行けるね。
IMG_0807.jpg
IMG_0808.jpg
IMG_0809.jpg
う〜ん…山頂のおっちゃん達に怒られそうだ。
でもかっこイイ。


posted by syoddy at 22:19| 宮城 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月17日

Happy Hour!!

今日です。
快晴無風どピーカン。
笑いっぱなしの一日。
IMGP0498.jpg
IMGP0499.jpg
IMGP0500.jpg
IMGP0501.jpg
IMGP0502.jpg








































IMGP0503.jpg
アッ……?!’%!$!

posted by syoddy at 22:13| 宮城 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | スノーボード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月15日

牛舌

最近ナイターも行けずにめっきり仕事…
普通か…
今日も仕事中、市内でも雪が降っていたのでソワソワしっぱなし。
明日調子良さそうッス。

仙台市内の仕事が多いので、仕事場の人達と飯を食いに行くとなると
必然的に牛タン。
そう、仙台は言わずと知れた牛タンの発祥地。
仙台駅を降りることもなく、駅構内から牛タン店は連なる。
駅を降りれば至る所に専門店が並ぶ。

ここんとこ贅沢三昧で牛タンばっか。
まあいつ食っても飽きないね。コレばっかは。
大体ランチの定食で1200円。ランチにしてはちと高い。
teishoku[1].jpg
そしてなぜか定番なのが
麦飯と、とろろ。白菜の塩漬けに唐辛子の味噌漬け。
とどめに牛テールスープ。
定食というと、これらが間違いなく付いてくる。
どーゆう流れでこのような組み合わせなのか…?
ウマいから文句は言えないな。

店によって味や肉厚が全然違うから、色々なお店を回って
みるのも楽しみの一つ。
ヒドいところは冷凍のまんま出てくるからね。
ぼかぁまだまだ経験不足の仙台市民なもんで、勉強中っす…


んで、けっこう衝撃的だったのが刺身!
sashimi1[1].jpg
タン刺しっつー代物。
これがまたちと高いんだけど、フワっと柔らかい中に
牛タンの歯ごたえがあり旨みが詰まっていて、
一瞬にして消える…
もうそれは宇宙。
醤油ににんにくおろしを入れてサラっとイキます。


仙台にお越しの際は一度お験しあれ。
ただ当然だけど、店によってドえらいマズいので注意!

寿司もあるよ
sushi[1].jpg



posted by syoddy at 22:36| 宮城 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月13日

王国へ

ご無沙汰してました。
スノーボードと仕事が多忙になっとりました。
今週も軽く仕事がパニくっておりますが、さら〜っと書いていきます。


この3連休、
BCの計画もあったんだけど思ったよりも雪が降り続いて、中止。
どえらい降り方だったから、行ったらド級のパウダーだっだはずなんだけど…
今回は見合わせ。やっぱりお日様が出てないと気分も上がりません。
つーわけで、ゴンドラでドが付くパウダーを満喫出来る夏油高原へ。
IMGP0447.jpg
さすが雪の王国。もっさもさです。
ハイスピードで駆け抜けれる未圧雪のオープンバーンが多く、
パウダージャンキーを虜にしてやまない、豊富な積雪。
そして、あんまり大きな声では言えない裏ルートの深い沢。
これが実は一番の醍醐味なのだが、夏油の方々はあまり行かないのかな?
昼過ぎに沢にドロップしたけどノートラック。
この沢、
またまた大きな声では言えないんだけど、
ゴンドラの上部から下までひたすら沢の中を通ってこれるロングルート。
なかなかコレだけの長さはない。
ラッセルは半端ないけど…
当然パウダー用の板は5人に1人の割合。
皆さん金持ってますね…


今回のラッセルはツリーの中で膝上くらい。
IMGP0437.jpg
行くところ行くところノートラック。
5時間ぶっ続けのツリーランでした〜。

でもホントFISHは流石。
深い沢でもほとんど止まらないし、刺さらない。
ツインではこんな風に楽しめないはず。
やっぱテリエはすげえ!

posted by syoddy at 21:24| 宮城 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | スノーボード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月06日

レイヤー

山に登る上で、最近非常に悩んでいるのがミッドレイヤー。
ファーストレイヤーは汗をすばやく吸い上げ、外へ出す。
ハードシェルは雪、風から体を守り内部に水分が入らないようにする。
ではミッドレイヤーはというと中間着。
保温力を保つ為の倉庫。
ココの調整が一番難しい。

人間は常に体から体内の水分を出している。
寝ている時ですらコップ一杯分の汗を出しているとか。
この汗を登るときにいかに中に貯めないか。
汗は体力を奪い最悪の場合、遭難時に生死に関わってくる。


一般的にミッドレイヤーの代表といえばフリースがあげられる。
IMGP0429.jpg
保温性があり、ファーストレイヤーで吸い上げた汗を
素早くアウターの外に出すべき性能を持っている。
少々高いが、POLARTEC素材のフリースは透湿性が高く、速乾性に優れている。
また軽量であるのも特徴のひとつ。

ただし、せっかくファーストレイヤーで吸い上げ、
ミッドレイヤーを抜けても肝心のアウターから出なければ中で結露する。
ベンチレーションや首もとのジッパーを開け、熱を逃がすのがセオリーだが、
これには限界があるし、ましてや吹雪いてたら首元なんて空けてられない。
だからハードシェルにはGORE-TEXなどの透湿性の優れたものが必要になってくる。

一般的にダウンジャケットは暖かく、極寒地であればダウン。
という考えがあるが、アウターダウンはレイヤリングでの
温度調整が出来ないし、水分を溜め込んでしまうので
バックカントリーには向かない。
保温力はいくらでも調整できるので、ハードシェルは薄くて構わないのだ。
風と水さえ防げれば、ぺらっぺらなやつで構わない。
むしろ薄いほうが軽くて理想的。

話はそれたが、このミッドレイヤー。
保温力の調整が非常に難しく、いつも頭を悩ませる。
厚手のフリースか?
ファーストレイヤー2枚か?
はたまた化繊の薄手ダウンか?(化繊は汗が多少抜けるのです。)
で、考えすぎて大体失敗。
熱すぎて脱ぐが、止まると寒いっつーのが毎回…
だから最終的な答えっつーもんはないんだけど、
薄手のフリースが結局はオールラウンドで使えるっつー事です。
間違ってもファーストレイヤーの上に
綿のTシャツとかパーカーとかはあり得ない。
綿生地は保水してしまうので、アウターから出る前に全て吸ってしまう。
風邪ひくよ。

レイヤリング、一度見直してみては?
オシャレなインナーもかっこいいけど、性能は全然別物。
無駄に重ね着する必要がなくなるから、動きやすいし疲れもない。
なによりもウエア内が快適。
びた〜っとその温度に合えばね。
合えば…
posted by syoddy at 00:36| 宮城 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | バックカントリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月04日

山のタイミング

今週末、北日本〜北海道エリアは
かなりパウダーを満喫出来たのでは?!
家の前で10cmくらい!
IMGP0399.jpg
予報では晴れマークだらけだったけど、行って見ると山は大雪。
風はなかなか強かったけど、滑るには支障なしなレベル。
全く素敵に予報を裏切ってくれた。

なんだか正月以来だな。こんなにパウダー食ったの。
今日はひたすら腰パウ!
すみかわは金曜日からガンガン降り続けて1メートルは積もった。
土曜の景色と日曜の景色が違ったくらいだからね。
相当なもん。

しっかし、沢の腰ラッセルは効くね…
腰が爆発するかと。


今週のローカルの人のお言葉
「山を滑る時は、自分のタイミングで飛ぶのではなく、
                  山のタイミングで飛ぶ。」
言うこと違うなぁ〜。かっこエエ。
言われれば当たり前のことなんだけど、なんだか考えさせられた。
しっかり整備されたゲレンデとは違うから、
その場その場に合った動きをしなければ滑ることは出来ない。
次々と迫る地形を即座に判断しながら滑り倒していく。
これが出来ると出来ないとでは楽しみ方は180度違うだろうね。
自らの身を山に預ければ、
自然と山はそれを受け入れてくれるはず。

山が自分に合わせるのではなく、自分が山に合わせる。
それが出来ればパークなんぞハナクソだっつー事です。
もっといろいろな地形を滑り倒せるようになりてーな。


そんな素晴らしい教えをくれた人はガッツリ鉄も擦ります。
IMGP0425.jpg

posted by syoddy at 22:23| 宮城 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | スノーボード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月01日

2月スネ

もう2月!
1月の記憶がない…
ただいま寒気が南下中。
家の前でもチラホラ雪が降ってきて週末は期待?!


ようやく体も出来初めて、動くようになってきた今日この頃ですが、
同時に、前に進まないスノーボードにも最近悩んでおります。
オープン3は蹴れないし安定せず。
B5は抜けを忘れ気味で立てず。


楽しんで滑ってりゃあいいかなって思うけど、
やっぱり上手くなりたいし、今年はココが成長したって思えるような物を
残したいわけなのです。
ココを見てくれてる人はみんなそうだと思うけど。

今月は3月に繋げる何かを掴みたい。
その為にはやっぱ攻めないとね。
B7もやんなきゃいけねーし!
頑張ろ。



posted by syoddy at 23:41| 宮城 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。